ちぇるWiki(Greeting~野中美希~)

モーニング娘。'20の野中美希さんを応援するブログ

2曲がもたらずギャップが魅力

毎日、リピしまくってる曲。

それはもちろん、モーニング娘。の新曲です。

 

『KOKORO&KARADA』

『LOVEペディア』

『人間関係No way way』

トリプルA面のこのシングルをリピートしまくってます。

通勤中ずーっと。

 

そんな中でも、特にハマっているのがこの2曲。

『LOVEペディア』

『人間関係No way way』

 

 

先に言わせていただきます。

今回は、長くてくどいです…

その点をご理解のうえ、お付き合いください(笑)

 

『LOVEペディア』

『人間関係No way way』

この2曲は、 同じメロディなんだけど、

歌詞とダンスが違うという、モーニング娘。初の試みです。

 

可愛らしさ全開の『LOVEペディア』

シュールさとメッセージ性が心に響く『人間関係No way way』

 

この2曲の魅力は、表裏一体、、、

いや、攻防一体の戦陣「天舞宝輪」と言うべきか、、、

 

とにかく、高揚感がハンパないんですね。。。

f:id:uepon-2121:20200125211056p:plain

f:id:uepon-2121:20191225215316p:plain

動と静。

このギャップがねぇ、、、堪りません。。。

 

この2曲がもたらずギャップ。

そこが最大の魅力だと思っています。

 

これは、個人的な推測ですが、、、

この2曲がリリースされたとき、

最初に多くの方が惹きつけられたのは『LOVEペディア』だと思っています。

自分もそうでした。。。

 

群を抜いた圧倒的なかわいらしさ。

他を圧倒する勢いと昂揚感。

特に、15期のフレッシュさと天真爛漫なかわいらしさ。 

 

山﨑愛生ちゃんと岡村ほまれちゃん。

二人は、「辻加護コンビ」の登場に負けないぐらいの衝撃を放っていました。

母性本能を刺激する愛くるしさ。

どんなに鉄壁な防御を誇っていたとしても、

それらを無効化してしまうぐらいの可愛らしさ。

 f:id:uepon-2121:20200208212714p:plain

f:id:uepon-2121:20200208212850p:plain

f:id:uepon-2121:20200208213116p:plain

ねっ!!

ふたりの圧倒的な可愛らしさ。

この無双ぶりといったら、、、


北川莉央ちゃん。

彼女は石川梨華ちゃんをも思わせるかわいらしさと美人ぶり。

そんな部分が一挙手一投足からひしひしと伝わってきます。。。

 f:id:uepon-2121:20200208213404p:plain

そんな15期のかわいらしさが全開であり、、、

そこには「かわいい」という言葉を何回重ねても表現できない世界が存在しています。

 

ちぇるぴもそう。

f:id:uepon-2121:20200125211056p:plain

めったに見せない「ちぇるぴの甘さ」に撃沈状態です、、、

そんな「甘さ」がすごく心地よくて。。。

 

とにかくねぇ、、、

この曲は、気持ちを強制的に向上させてくれます。

どんなに落ち込んでいても、一発で気持ちを向上されてくれる破壊力が

この曲には込められていると思っています。 

 

 

続いて、『人間関係No way way』。

この曲は、こんな言葉からはじまります。

f:id:uepon-2121:20200207223212p:plain

重いねぇ、、、重すぎます。。。

が、これは、まさしくその通りなんですよ。。。

 

生きていくうえで、

社会生活を行っていくうえで、

絶対に逃れることができないもの。

それが「人間関係」。

 

社会の一員である以上、絶対に欠かせないものであり、、、

それがあるからこそ社会というものが成立しているのも事実です。 

 

そんな人間関係の悩みと自分自身の殻を打ち破りたいという

葛藤の気持ちとの戦いを表現された楽曲。

それが、『人間関係No way way』であると思っています。

 

人間関係と言えば、、、

自分は、以前「人間関係」に苦しんだ時期がありました。

苦しんだどころか、それが原因で心身ともに不調になり、

出社することすらできず、会社を休職していた時期がありました。
uepon-2121.hatenablog.com

そんな自分を救ってくれたのが、ちぇるぴだったんですね。

 

ちぇるぴとの出会い。

それがキッカケで救われました…

無事に仕事に復帰することもでき、

逆に大事な仕事を任される組織の核要員にまでなることができました。

 

なので、ちぇるぴには感謝の気持ちで一杯ですし、

自分の人生を救ってくれた恩人を、人生をかけて応援するつもりです。

 

「推しはちぇるぴ一択」

これは、今後も変わることは絶対にありません。

 

 

『人間関係No way way』。

この曲から伝わってくるのは強いメッセージ性。

 

とにかくねぇ~

『LOVEペディア』が心を高揚させてくれるならば、

『人間関係No way way』は心を癒してくれる。

そんな両面性を感じることができます。

 

歌詞については、決して前向きではないんですよ。

それでも、共感できる部分が多くて、、、

 

「ソリタリー」という聞きなれない言葉があったので調べてみると、

f:id:uepon-2121:20200208222505p:plain

ソリタリーは英語で、一人でいる状態、

他者から切り離された状態を表す。

決して、孤独だとか寂しいという意味は含まれていない。

なるほどね~

自分も、そんな状態を常に欲していることは否定しようがありません。。。

 

ソリタリーにとって、一番のベストコンディションは一人でいる状態だからである。

逆に言えば、他人といることで、ひどく体力と気力を消耗するのだ。

これは、すごくわかる気がします。

自分は人見知りで、心を開くのに時間がかかるので、、、

なので、相手に心を開くまでは心身ともに消耗することも。。。

 

が、唯一体力と気力を消耗しない存在。

それが、ハロプロモーニング娘。のファンの方々なんですね。

 

初対面は緊張しますよ…

緊張はするけど、、、心の奥底で理解してるから。

同じ志を持った仲間であることを…

すぐに心を開くことができるんですね。。。

 

ソリタリーは、単純に一人でいるのが好きだから、一人でいる。

寂しいだとか、現状がつまらないだとかいう状況を打開するためにわざわざ他人を必要ない。

しかし、心の奥底では、他人との深いつながりを持てない自分に引け目を感じるのも事実である。

すごく共感できます。。。

 

とどのつまり、『人間関係No way way』という曲は、

人間関係に悩む人への応援歌なんですね。

そんな悩みについては、深さに個人差はあると思いますが…

 

ひとつだけ言えるのは、

『人間関係No way way』という曲を聴くことで

癒されるどころか、自身の気持ちを奮い立たせるキッカケをもらっているということ。

 

そんな部分こそが、

この曲が魅力的に感じる一因なんだろうな~

って思います。

 

『LOVEペディア』でモーニング娘。の「魅力」を知り、

『人間関係No way way』でモーニング娘。の「深さ」を知る。

相反するギャップがもたらす、最高の2曲だと思います。

 

最後に、、、

f:id:uepon-2121:20200208214117p:plain

 ちぇるぴのラスボス感いいなぁ。。。

 

 

#譜久村聖 #生田衣梨奈
#石田亜佑美 #佐藤優樹
#小田さくら
#野中美希 #牧野真莉愛 #羽賀朱音
#加賀楓 #横山玲奈 #森戸知沙希
#北川莉央 #岡村ほまれ #山﨑愛生
#モーニング娘19 #モー娘。
#ちぇる #ちぇるぴ